妊娠してから妊娠線予防のために行ったこと

初めての妊娠の時に妊娠線というものがあるというのを知りました。マタニティ雑誌を読んでいるときに知ったのですが、本当にできるものだということに不安を覚えました。なんとなくは聞いたことはあったのですが、予防をしないといけないなと慌てました。幸い知ったのが安定期に入る前でしたので、それから予防をはじめました。妊娠線はおなかが大きくなってきてときに、おなかの皮がひっぱられることでできるというものですので、乾燥しているとよりできやすいということでした。もともと乾燥肌で悩んでいましたので、自分は妊娠線ができやすいタイプなのではと思いました。いつから始めるのが良いのかわからなかったのですが、もともと乾燥肌の自分は安定期前から初めておいて良かったのかもしれません。乾燥をしないようにクリームを塗っていました。クリームも妊娠線予防のための専用のクリームを使っていました。普通のクリームに比べて値段は高いですが、嫌なにおいもなく、サラサラとしていてすごくつけ心地が良かったです。ナチュラルマーククリームというものでした。口コミなどでも評判も良く、サンプルを使用したときに気にいったので使うことにしました。最初はお風呂上りにお腹中心に縫っていましたが、お尻や胸などにもできることがあると聞いて広く塗るようにしました。臨月が近づいてくると肌がかゆくなってくる感じがよくしたので、そのたびにクリームを塗っていました。皮膚がかさついてきたときが妊娠線ができるタイミングみたいなので、しっかりと塗っていました。しっかりと保湿を心がけたおかげか、予定日まで妊娠線はできなかったです。本当にケアをしてよかったと思いました。しかし二人目の出産のときには、あまりケアができずに妊娠線ができてしまいました。妊娠線の予防のためにクリームを購入して塗ってはいたのですが、一人目のときほど慎重にしておらず、忙しかったりすると忘れてしまったりしていました。途中で妊娠線ができてしまったときにはショックでしたが、出産してから少したつと、徐々に目立たなくなってきたように思います。傷あとに塗るとあとが消えると言うバイオイルも塗っているとだんだんと薄くなってきました。出産後すぐは赤くみみずばれのような状態でしたが、オイルを塗って時間がたつにつれて赤みが取れてきました。今ではほとんどわからなくなりましたが、妊娠線予防には保湿ケアが大切だったのだと痛感しました。

妊娠線はどこにでもできて、しつこく残る!

私が妊娠をしたときは、最初おなかには全然妊娠線ができていなくて、自分にはできていないんだ!と喜んでいました。
結局臨月になってもきれいでよかったーと思っていましたが、出産してすぐ!産婦人科の看護師の方に胸に妊娠線ができたんだねと言われました。
胸に妊娠線ができるんですか?と驚いて質問したところそんなに珍しいことではないらしく、そうなんですかと思いましたが、気付いてみれば、妊娠してすぐぐらいから、なぜか胸のところに赤い線がいくつか出来ていて、この線は何だろうと思っていました。何かわからかったですが、特に何もなく、大丈夫だろうと思っていたので調べることもせず放っておいたので、気にすることもなく、看護師のかたに言われるまでわからないままでした。おなかと一緒で急に大きくなるから線ができるという原理は一緒みたいで、この線は消えるのかと心配しましたが、徐々に消えるといわれて安心しました。妊娠線だと思っていなかったのと、おなかにできていない安心感で妊娠線の予防などは一切していなくて、していたとしても胸にはしなかったので結局意味なかったのですが、おなかには真ん中に黒い線ができるだけでした。そして、しばらくすると、夫に、お前色んな所に線が出てるよと言われて、何の線だ!と思い、見ようとしましたが全然見えずに、なんなんだと写真を撮ってもらったところ、あらゆるところに妊娠線なようなものができていてなんだこれは。あ然としました。結局おしりと太ももの後ろ側全体的に妊娠線ができていてこんな見えないところにも妊娠線はできるんだと思いショックでした。
見えないし、ここどうすればいいのとあきらめ自然に消えるのを待ちましたがなかなか消えずずっとこのままかと思いました。温泉に行ったときに、こんなところの線は妊娠線に見えなくてただのデブと思われているのか視線がきつく、嫌な思いでした。できたものはしょうがないと気にせず温泉に入りましたが、いつまでも消えないしつこい妊娠線に嫌な思いをしましたが、よく考えてみると、結局、妊娠前から10キロぐらい体重が増えたので色んな所が急に太くなって妊娠線がこんなところにできることもおかしくないのかと思いました。夫にはよくおしりが大きいとか足が太くなったとか言われていたので、自分では気付かないうちに色んな所が太くなっていて妊娠線ができてしまったんだなと思いました。早い段階で色んな所にできるという知識と予防をしていればよかったです。