妊娠線ができてしまったらもう後戻りはできない対策を

三人子どもを産んだ私の体験談ですが、最初に言ってしまうと、一度できてしまった妊娠線はもう元には戻らないということです。

一人目を妊娠中、「妊娠線」という言葉は聞いたことがありましたが、どんなものなのかも良くわからずにいました。ただ雑誌やインターネットなどでケアはしておいたほうが良いというのは頭にあったのでとりあえずは気にしてはいました。

主にやっていたことは、お風呂上りには市販のココナッツクリームを塗ったり、時にはアーモンドオイルを塗ったりしていました。
しかし、お腹に塗った後にお腹がベタベタしている感触があまり好きではなく、たまに塗らずにいたこともありました。塗らなけらばいけないんだということはわかってはいたものの、妊娠週数が進むに連れ、お腹も大きくなり皮膚もそれなりに伸びてきてしまっているんだくらいにしか思っていなかった私は、本当に軽く考えすぎていました。悪くないことではありますが、胎児も平均体重よりもかなり大き目だったこともあり、その皮膚の伸びも相当だったと思います。
そして出産後に何カ月か後にふとお腹を良く見てみると、ひび割れのような線が大きくついていたのにはとてもショックでした。まさにこれが「妊娠線」なのか!?と気づかされました。更に太ももあたりにもできていることにも気づきました。今思うと本当に後悔の嵐ですが、もうなるようになってしまったので、後は仕方のないことだと半分は諦めています。
そして二人目、三人目を妊娠時には半分もう諦めも入っているので、ケアをすることも中途半端になっていました。

ここで言いたいことは、やはり一人目の時点でケアを怠らずにしっかりやっておけば、いずれ二人、三人目を妊娠する時も諦めずにできたのかなと思うので、最初が肝心だということです。

妊娠線ができる上での一つのサインとして、お腹が痒くなったりすることがあります。この時にあまり痒いからと掻いてしまうと妊娠線が更にできやすくなってしまうこともあるので、あまり痒い場合には皮膚が乾燥していることも原因なので保湿をしたり、かゆみ止めのクリームを皮膚科で処方してもらうのも良いかと思います。意外と私の場合も、乾燥肌の持ち主なので、痒いからと言って掻いてしまっていたときがあったので、これも後悔しています。

そして妊娠線ができてしまったからと諦めずにその後もこまめに保湿ケアをすることもとても大事です。私の場合は本当にお腹がベトベトした感触が嫌いなのでその後もあまりケアをしませんでした。保湿ケアをすることで、少しはひび割れたような皮膚が更に広がることも抑えられるかと思います。なのでアフターケアも忘れずにする事が大事です。

意外とめんどくさい、妊娠線のお手入れ情報

私は現在妊娠7か月の妊婦です。
昨年の11月に妊娠が発覚、そこからケアを始めました。そんなに早く?と思うかもしれませんが、周囲に出産した友人が多く実際に妊娠線を見たこともあり冬で乾燥する時期でもあったので気を付けることにしました。
まずはネットでどんな種類があるかを情報収集。ネットにはとんでもない種類があり、値段も効果もピンキリで、しかも思ったより高い!私が世間知らずなんですが1000円前後で購入できるかと思っていたんです。高いものでは5000円以上するものもあり、さすがに1本でそんなに出せない・・でもケチって効果のないクリーム買って妊娠線出来たらどうしよう・・と思い悩みました。
とりあえず実店舗に行ってみようと思いイオンの妊婦さんコーナーへ。やはりピンキリです。1番高いもので7000円程、安いので1500円位。とりあえず悩んだ結果、近所の西松屋に行き見てみると、安いのではイオンと同じ種類のがあり高くても3000円程でそこそこの値段。まだお腹も出ていないし、試しに容量も少なくつわり時期にきつくない匂いのほぼ無い1番安い1500円のを買ってみることに。早速その日の夜使用してみました。
朝晩の使用と書いてあったのでお風呂上がりの乾燥する時に塗りました。私、クリームとか肌に塗ったりするのが基本的に苦手なんです。(日焼け止めクリームなど)なので500円玉くらいのクリームを出して塗って下さい、と書いてありましたが少し少なめに出し塗ります。ヘソの下からアンダーヘアの上の方、横も脇腹位までしっかり塗ろうとすると少し少なめに出したクリームの量では全然足りません。少し追加。
私面倒臭がりなのでゆっくりマッサージしながら、と書いてあったので乾燥しているお腹に潤いを与えるように塗ってみました。とはいえまだお腹も出てなく、3か月に入る前からしていたので効果もなにも分かりません。安定期に入ったところで少しお腹がぽっこりに、2月に入り寒さも一層増し乾燥するようになり、妊娠線クリームもちょっと増やし塗り塗り。これまでは毎日クリームを塗っていはわけではないので試しに買った少量のクリームでまだ足りてました。無くなりそうだったのでこの種類のポンプ式の容量多いタイプを買い足し。
現在7か月に突入しましたがクリームを使っている効果が分からないですが、まだ妊娠線は出来てません。臨月になるとできるという話も沢山聞くので気をつけながら使用したいと思います。

妊娠線を予防するために心がけたことについて

私は二回の出産を経験していて、妊娠中は妊娠線ができないようにということを意識していました。
妊娠線は一度ついてしまうとそのままになってしまうので、女性としてそういったことを避けたいなという意識が働きました。
結果として予防の効果があったのか、妊娠線は体に残っていません。
私がしてきた予防策について、紹介していきます。

1.太り過ぎないように気を付ける
私はごくごく標準体形なのですが、妊娠中は妊娠前の体重のプラス10㎏にとどめておくことを目標にしていました。
妊婦なのでダイエットなどはできないのですが、妊娠中に体重が増えすぎてしまうと、妊娠線ができてしまうということを聞き
体重の変化には気をつけていました。

今は産院でも急激な体重増加について管理されていて、増えすぎている人は指導を受けていましたし、結果として私はプラス10㎏とちょうど
良いところにとどめることができました。
結果として妊娠線予防につながったかなと思います。

2.予防クリームを塗って保湿をする
妊娠線を予防するための専用クリームを使って、妊娠線ができるのを防ぐようにも心がけていました。
私のクリームの使い方としては、お風呂上がりにきれいに水分を拭き取って、マッサージをするようにして妊娠線予防クリームを肌に塗り込んで
いきました。

お腹の下のあたりにはできやすいということで、特に入念にケアをしていました。
お腹が少し目立つようになってきた安定期頃から出産に至るまで続けていて、結果として肌の保湿につながり、妊娠線ができることを予防できたのではないか
と思います。

3.振り返って感じること
妊娠線を予防するために体重の増加に気をつけ、専用クリームを塗っていて、それが結果につながって良かったなという風に思っています。
皮膚が固い人、乾燥肌の人はどうしても妊娠線ができやすいと聞きますし、体質もあり完全に防ぐことはできません。

でもできる限りのことをしてできてしまったのであれば仕方がないのかなとも思いますし、努力をした上での結果なら受け止められるかなと
思うのです。
赤ちゃんを産むことでできる線なのであったからと言って悪いことではないのですが、見た目として気になる、防ぎたいという気持ちは多くの女性が
持っている自然な気持ちかなと思います。

その為に妊娠線予防クリームを使うなどして防いでいくことが、とても重要だと感じました。
気をつけることで防ぐことにつながった部分もあると思います。

妊娠してから妊娠線予防のために行ったこと

初めての妊娠の時に妊娠線というものがあるというのを知りました。マタニティ雑誌を読んでいるときに知ったのですが、本当にできるものだということに不安を覚えました。なんとなくは聞いたことはあったのですが、予防をしないといけないなと慌てました。幸い知ったのが安定期に入る前でしたので、それから予防をはじめました。妊娠線はおなかが大きくなってきてときに、おなかの皮がひっぱられることでできるというものですので、乾燥しているとよりできやすいということでした。もともと乾燥肌で悩んでいましたので、自分は妊娠線ができやすいタイプなのではと思いました。いつから始めるのが良いのかわからなかったのですが、もともと乾燥肌の自分は安定期前から初めておいて良かったのかもしれません。乾燥をしないようにクリームを塗っていました。クリームも妊娠線予防のための専用のクリームを使っていました。普通のクリームに比べて値段は高いですが、嫌なにおいもなく、サラサラとしていてすごくつけ心地が良かったです。ナチュラルマーククリームというものでした。口コミなどでも評判も良く、サンプルを使用したときに気にいったので使うことにしました。最初はお風呂上りにお腹中心に縫っていましたが、お尻や胸などにもできることがあると聞いて広く塗るようにしました。臨月が近づいてくると肌がかゆくなってくる感じがよくしたので、そのたびにクリームを塗っていました。皮膚がかさついてきたときが妊娠線ができるタイミングみたいなので、しっかりと塗っていました。しっかりと保湿を心がけたおかげか、予定日まで妊娠線はできなかったです。本当にケアをしてよかったと思いました。しかし二人目の出産のときには、あまりケアができずに妊娠線ができてしまいました。妊娠線の予防のためにクリームを購入して塗ってはいたのですが、一人目のときほど慎重にしておらず、忙しかったりすると忘れてしまったりしていました。途中で妊娠線ができてしまったときにはショックでしたが、出産してから少したつと、徐々に目立たなくなってきたように思います。傷あとに塗るとあとが消えると言うバイオイルも塗っているとだんだんと薄くなってきました。出産後すぐは赤くみみずばれのような状態でしたが、オイルを塗って時間がたつにつれて赤みが取れてきました。今ではほとんどわからなくなりましたが、妊娠線予防には保湿ケアが大切だったのだと痛感しました。

妊娠線はどこにでもできて、しつこく残る!

私が妊娠をしたときは、最初おなかには全然妊娠線ができていなくて、自分にはできていないんだ!と喜んでいました。
結局臨月になってもきれいでよかったーと思っていましたが、出産してすぐ!産婦人科の看護師の方に胸に妊娠線ができたんだねと言われました。
胸に妊娠線ができるんですか?と驚いて質問したところそんなに珍しいことではないらしく、そうなんですかと思いましたが、気付いてみれば、妊娠してすぐぐらいから、なぜか胸のところに赤い線がいくつか出来ていて、この線は何だろうと思っていました。何かわからかったですが、特に何もなく、大丈夫だろうと思っていたので調べることもせず放っておいたので、気にすることもなく、看護師のかたに言われるまでわからないままでした。おなかと一緒で急に大きくなるから線ができるという原理は一緒みたいで、この線は消えるのかと心配しましたが、徐々に消えるといわれて安心しました。妊娠線だと思っていなかったのと、おなかにできていない安心感で妊娠線の予防などは一切していなくて、していたとしても胸にはしなかったので結局意味なかったのですが、おなかには真ん中に黒い線ができるだけでした。そして、しばらくすると、夫に、お前色んな所に線が出てるよと言われて、何の線だ!と思い、見ようとしましたが全然見えずに、なんなんだと写真を撮ってもらったところ、あらゆるところに妊娠線なようなものができていてなんだこれは。あ然としました。結局おしりと太ももの後ろ側全体的に妊娠線ができていてこんな見えないところにも妊娠線はできるんだと思いショックでした。
見えないし、ここどうすればいいのとあきらめ自然に消えるのを待ちましたがなかなか消えずずっとこのままかと思いました。温泉に行ったときに、こんなところの線は妊娠線に見えなくてただのデブと思われているのか視線がきつく、嫌な思いでした。できたものはしょうがないと気にせず温泉に入りましたが、いつまでも消えないしつこい妊娠線に嫌な思いをしましたが、よく考えてみると、結局、妊娠前から10キロぐらい体重が増えたので色んな所が急に太くなって妊娠線がこんなところにできることもおかしくないのかと思いました。夫にはよくおしりが大きいとか足が太くなったとか言われていたので、自分では気付かないうちに色んな所が太くなっていて妊娠線ができてしまったんだなと思いました。早い段階で色んな所にできるという知識と予防をしていればよかったです。