妊娠線はどこにでもできて、しつこく残る!

私が妊娠をしたときは、最初おなかには全然妊娠線ができていなくて、自分にはできていないんだ!と喜んでいました。
結局臨月になってもきれいでよかったーと思っていましたが、出産してすぐ!産婦人科の看護師の方に胸に妊娠線ができたんだねと言われました。
胸に妊娠線ができるんですか?と驚いて質問したところそんなに珍しいことではないらしく、そうなんですかと思いましたが、気付いてみれば、妊娠してすぐぐらいから、なぜか胸のところに赤い線がいくつか出来ていて、この線は何だろうと思っていました。何かわからかったですが、特に何もなく、大丈夫だろうと思っていたので調べることもせず放っておいたので、気にすることもなく、看護師のかたに言われるまでわからないままでした。おなかと一緒で急に大きくなるから線ができるという原理は一緒みたいで、この線は消えるのかと心配しましたが、徐々に消えるといわれて安心しました。妊娠線だと思っていなかったのと、おなかにできていない安心感で妊娠線の予防などは一切していなくて、していたとしても胸にはしなかったので結局意味なかったのですが、おなかには真ん中に黒い線ができるだけでした。そして、しばらくすると、夫に、お前色んな所に線が出てるよと言われて、何の線だ!と思い、見ようとしましたが全然見えずに、なんなんだと写真を撮ってもらったところ、あらゆるところに妊娠線なようなものができていてなんだこれは。あ然としました。結局おしりと太ももの後ろ側全体的に妊娠線ができていてこんな見えないところにも妊娠線はできるんだと思いショックでした。
見えないし、ここどうすればいいのとあきらめ自然に消えるのを待ちましたがなかなか消えずずっとこのままかと思いました。温泉に行ったときに、こんなところの線は妊娠線に見えなくてただのデブと思われているのか視線がきつく、嫌な思いでした。できたものはしょうがないと気にせず温泉に入りましたが、いつまでも消えないしつこい妊娠線に嫌な思いをしましたが、よく考えてみると、結局、妊娠前から10キロぐらい体重が増えたので色んな所が急に太くなって妊娠線がこんなところにできることもおかしくないのかと思いました。夫にはよくおしりが大きいとか足が太くなったとか言われていたので、自分では気付かないうちに色んな所が太くなっていて妊娠線ができてしまったんだなと思いました。早い段階で色んな所にできるという知識と予防をしていればよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です