妊娠してから妊娠線予防のために行ったこと

初めての妊娠の時に妊娠線というものがあるというのを知りました。マタニティ雑誌を読んでいるときに知ったのですが、本当にできるものだということに不安を覚えました。なんとなくは聞いたことはあったのですが、予防をしないといけないなと慌てました。幸い知ったのが安定期に入る前でしたので、それから予防をはじめました。妊娠線はおなかが大きくなってきてときに、おなかの皮がひっぱられることでできるというものですので、乾燥しているとよりできやすいということでした。もともと乾燥肌で悩んでいましたので、自分は妊娠線ができやすいタイプなのではと思いました。いつから始めるのが良いのかわからなかったのですが、もともと乾燥肌の自分は安定期前から初めておいて良かったのかもしれません。乾燥をしないようにクリームを塗っていました。クリームも妊娠線予防のための専用のクリームを使っていました。普通のクリームに比べて値段は高いですが、嫌なにおいもなく、サラサラとしていてすごくつけ心地が良かったです。ナチュラルマーククリームというものでした。口コミなどでも評判も良く、サンプルを使用したときに気にいったので使うことにしました。最初はお風呂上りにお腹中心に縫っていましたが、お尻や胸などにもできることがあると聞いて広く塗るようにしました。臨月が近づいてくると肌がかゆくなってくる感じがよくしたので、そのたびにクリームを塗っていました。皮膚がかさついてきたときが妊娠線ができるタイミングみたいなので、しっかりと塗っていました。しっかりと保湿を心がけたおかげか、予定日まで妊娠線はできなかったです。本当にケアをしてよかったと思いました。しかし二人目の出産のときには、あまりケアができずに妊娠線ができてしまいました。妊娠線の予防のためにクリームを購入して塗ってはいたのですが、一人目のときほど慎重にしておらず、忙しかったりすると忘れてしまったりしていました。途中で妊娠線ができてしまったときにはショックでしたが、出産してから少したつと、徐々に目立たなくなってきたように思います。傷あとに塗るとあとが消えると言うバイオイルも塗っているとだんだんと薄くなってきました。出産後すぐは赤くみみずばれのような状態でしたが、オイルを塗って時間がたつにつれて赤みが取れてきました。今ではほとんどわからなくなりましたが、妊娠線予防には保湿ケアが大切だったのだと痛感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です